2014年01月17日

新年のご挨拶


皆様、新年あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願い致します。

皆様、年越しとお正月はいかがお過ごしでしたか?忙しい毎日から解放されて、少しはゆっくりと心身を休める時間をもてたでしょうか?ご家族の皆様、あるいは心許せる誰かと一緒に、楽しく過ごされたことを祈っています。

こちらは義姉一家が住むロスキレで、いつものメンバーで集まって年越しを御祝いしました☆ 娘は生まれて初めて間近で打ち上げ花火を見たのが印象的だったらしく(← 若干、怖かったらしく)今でも毎日、「ハマビ(←ナと言えない)、ボーン!」と言ってます。笑。

元旦は年越しの疲れが溜まって(大半のデンマーク人と同様)グダグダ過ごしてしまいましたが、2日にはお雑煮を作り、なんとかお正月らしさを味わえました。夫はお雑煮は食べたものの、餅は苦手のようで、一緒に餅を食べる嬉しさを共有できないのが寂しいところです。まぁ、たしかに、焼けば膨らむし、噛み千切ろうとすれば伸びるし、食べればベタベタ歯にくっつくし、飲み込みにくいし……餅って「奇妙な食べ物」ではありますよね。笑。

そして、3日には、出産したばかりの友人を病院まで訪問しに行き、最高に癒されました。やはり人の命がこの世に生まれるってすごいことです。産まれたばかりの赤ちゃんと、出産という大イベントを終えた夫婦に会い、何ともいえない感動に包まれました。ありがとう。

それから、なんとまた母が(弟がいるドバイを訪問するついでに)数日遊びに来ました。ちょうどセール期間だったので、女2人でショッピングをしました。久しぶりにがっつり洋服を購入し、食べたいものを食べ、大満足。試験に追われた1年間のストレス発散(!?)にもなり、楽しかった〜!!短期間でしたが、訪問ありがとうございました。

しかし、その後、1月はゆっくりできるはずだったのですが、娘がまた風邪をひいて39度の熱を出し、結局、今週は娘の看病で終了……。子どもがいると、計画どおりにいかないことばかりです。はぁぁ〜。……で、思ったのですが、計画を立てて、その計画を実行するのが好きなタイプの人は、子どもをもつと辛いかもしれないですね……。子どもをもつと、想定外のことが多すぎて、1日の計画はもちろん、1週間の計画も、1ヶ月の計画も、もしかしたら人生計画まるごと、変更を迫られるかもしれません^^;

そんなわけで、まだ新年の目標が立っていない現状です。が、1月中には立てるぞっ!

2014年、皆様にとって、健やかで、充実した、幸せな1年になりますように☆

にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 北欧ライフスタイルへ
posted by yukapon at 06:21| イベント・行事・記念日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月31日

2013年を振り返って


※長文です。時間があって気が向いたときに読んでください。

大晦日!って思うと、日本が恋しくなります。2009年にデンマークに移住して以来、日本の年越しやお正月をまったく体験出来ておりません…。皆さん、いい年越しをされてくださいね☆ 私は風情のないお祭り騒ぎの花火見物をして年を越します。笑。

なんだかバタバタしていて、過去を振り返る余裕がなかった1年間でしたが、ここで最後の最後に1年間を振り返ってみようと思います。

2013年は、とても実りある1年でした。なんといっても、子育て生活から、デンマーク語学校生活に戻ったことが大きかったです。家庭に篭もることが多かった1年間を経て、最初にデンマーク語学校に戻ったときは、家族やママ会以外の人と会うことが新鮮でした。正直、子育てにあまり関心がない人と何をどう話したらいいんだろう?くらいのレベルに陥り、学校のクラスメートと話すだけでドギマギしていました。苦笑。また、最初は、娘の慣らし保育に時間がかかったことや、娘が保育園からもらってくる風邪のおかげで、学校にはほとんど出席できませんでした。

その後、夜間から朝のクラスに変更し、さらにクラスを変更して、きちんと指導してくださる先生にめぐり合えたのが2月下旬。そこからやっと、生活リズムができ、デンマーク語勉強のリズムができたように思います。そして、5〜6月に中級デンマーク語試験(PD3)を受け、11〜12月に上級デンマーク語試験(Studieprøven)を受け、無事に合格することができました。デンマークに住む移民にとって、この2つの試験がもつ意味というのは非常に大きく、希望する進路によっては、この試験結果が今後の可能性を大きく左右します。そういう意味で、私にとっての2013年は、将来への投資に費やした1年間とも言えそうです。

この1年間はフリーの仕事を積極的には受けず、依頼がきた最低限の仕事だけをこなし、あとはできるだけデンマーク語勉強に時間を割いていました。そんな生活は、とても地味でしたが、とても有意義でした。語学を学ぶことは(とくに語彙力を上げることは)、同時に知識を得る(≒社会について学ぶ)ことでもあります。きっと、私がこの1年間を有意義と感じられたのは、デンマークや世界のさまざまなテーマや事象について、記事を読んだり、ラジオを聴いたり、クラスメートと議論したり、論述したりすることができたからだと思います。

思い返せば、日本の大学院在学中、特定の分野の文献を読んで翻訳してレポートにまとめる作業はしていましたが(そして、それはそれで非常に有意義だったのですが)、ざっくばらんな議論をする機会があまりなかったように思います。立場や年齢にかかわらない他人とのフラットな関係性や、さまざまなテーマを取り上げる教育が、多角的な視点で包括的に考える力やアウトプットする力を伸ばすのかもしれません。

そして、デンマーク語学校に通いながらの子育ても、まずまず順調にいきました☆ 中級試験(PD3)直前に試験で頭がいっぱいになって、娘がオムツ台から落ちた事故を除けば、デンマーク語学校と子育てがうまく両立したように思います。本当に無事で良かった…(> <)

私の場合、娘が家で起きている時間は、デンマーク語の勉強を一切しませんでした。また、基本的には、メールもブログも仕事もすべて、娘が家で起きている時間にはしませんでした。娘は保育園でデンマーク語のシャワーを浴びているわけですから、私が日本語で話しかけてあげないと、娘の脳みそはデンマーク語に染まっていきます。そんな危機感があって、保育園以外の時間は、できる限り、娘の相手をしていたように思います。そして、そんな習慣が功を奏してか、今、娘はけっこう日本語を話してくれます。

子どもの言語の発達というのは、長い蓄積(インプット)を経てから、ある時期に爆発的に(アウトプットが)伸びるみたいです。話し出さない時期にも、意外としっかり聞いてるんですね…。そして、大人に比べると本当にすごい吸収力、記憶力…。というわけで、油断できません。このクリスマス時期は手抜き気味でしたが、これからも娘との時間を大切にし、日本語シャワーを浴びせていこうと思います。

長くなりましたが、2013年の締めはそんな感じです。2014年の目標は…また新年に!

2013年は日本に帰国できない1年間となりましたが、私のほうは日本にいる皆さんをけっこう身近に感じて生活しています。Facebookやメールでの報告や連絡はもちろんのことですが、音信不通でも、皆さんの顔を思い浮かべて「元気にしてるかな〜?最近、何をしてるのかな?」なんて思ったりしてます。次の帰国予定はまだ立っていませんが、皆さん、どうかお元気で!

最後に、ブログを読んでくださっているすべての皆様に感謝を込めて。
2013年も「とことこデンマーク」を読んでいただきありがとうございました。また来年もマイペースに続けていきますので、どうぞよろしくお願いいたします^^☆

では。皆さん、よい年越しを!

にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 北欧ライフスタイルへ

2013年12月26日

誕生日とクリスマス☆


皆さん、メリークリスマス☆
お元気ですか?私のほうは…試験後、ドタバタして、気がついたら、誕生日とクリスマスを迎えていた感じです。

試験終了後、急いで街に出かけ、1日半ですべてのクリスマスプレゼントを購入しました。プレゼントをあげる相手は、義父母、義姉夫婦、義姉夫婦の子、夫、娘の計7名。家族が増えると、プレゼントも数も増え、こういうイベントの際には大忙しになります。すごい勢いで一気に購入したので、大量の買い物袋を同時に提げることになり、この真冬に汗だくに…。お店の人にも笑われてしまったくらいです^^;

でも、毎年恒例で慣れてきたせいか、とても効率良く買い物できました。こんなにパパパッとみんなのプレゼントを購入できると、ある意味、快感ですっ♪ 

そして、私の誕生日(20日)には、夫にお財布をプレゼントしてもらいました☆ 自分で気に入る財布を探して、その財布のブランド名と商品番号と写真まで添付して事前にメールで知らせておいたので、間違いなく欲しい財布が手に入りました^^ ← この戦略、現実的すぎて夢がないとも言えますが、確実ではあります。

また、誕生日の翌日に夫の実家に到着すると、誕生日プレゼントとケーキが待っていました。クリスマス直前にもかかわらず、誕生日の御祝いをしていただき、ありがとうございました!感謝。

しかし。夫の実家では、倒れる人続出。まず、義姉夫婦の子がノロウイルスでダウン。その後、それが義姉の夫にうつってダウン。そして、今度は義母がダウン…。義母はただの風邪だったのですが、ちょうど24日に義母が朝から晩までベッドで寝ているという異例のクリスマスイブになってしまいました。通常、義母がクリスマスイブ当日の流れをつくっていたので、今年は統括役がいない、ちょっと頼りない感じのクリスマスイブになってしまいました。

が、ディナーにはなんとか義母もパジャマのまま登場し、みんなでクリスマスツリーを囲んで歌を歌い、プレゼントを開け…最後はクリスマスイブらしい夜になりました^^☆

今年のクリスマスツリーは、夫と義父が30分かけて選んだ特上(!?)のツリー
DSC_0289-001.JPG

みんなでキャンドルの点いたクリスマスツリーを囲んで歌を歌う時間は、1年のなかで最も至福のひととき。のはずなのですが…1歳の娘がキャンドルに触れないかどうか…、娘がツリーの枝を揺らしてキャンドルを落とすのではないか…と、今年はハラハラドキドキ。始終、娘に注意を払っていたら、気が疲れて、安らぐどころではありませんでした。トホホ。もうちょっと至福のひとときを味わいたかった〜!…ま、子どもがいると、こんなものかもしれませんね。

しかし、当の本人は、私の心配をよそに大興奮。(キャンドルが点いている)クリスマスツリーの下に置いてあるプレゼントを選んで渡す係を担当して、飛び回ってみんなに「どうぞ」してました。また、娘も大量のプレゼントをもらい、ご満悦。私からは、笛と保育園用の室内靴をあげたら、笛が大ヒット!簡単に音が出せるので、喜んでくれました^^♪

ぴ〜ひゃらら♪
DSC_0343.JPG

というわけで、今年も無事にクリスマスを迎えられました。こちらでは、クリスマスが日本のお正月のようなものなので、1年が無事に終わったなという気がします。

1年を振り返ると色々と感慨深いものがあるのですが、それについてはまた次回。
皆様も、よいお年をお過ごしくださいませ!

にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 北欧ライフスタイルへ

2013年12月14日

Studieprøven合格!!


本日、Studieprøven(上級デンマーク語試験)の口頭試験に行ってきました。
無事、合格しました!

当たったテーマは、目覚ましい経済発展を遂げるBRIC(ブラジル、ロシア、インド、中国)。成績は4でした。いただいたコメントは、プレゼンテーション良し。発音良し。文法良し。スピーキング力はあるが、リスニング力が低いせいか質問への回答が必ずしも適切ではなかった。とのこと。

※成績スケール (低)−3、0、2、4、7、10、12(高) 2が合格ライン

まぁ、納得です。(理解できなかった質問は、どういう意味か聞き直したりしたので)質問は理解していたつもりだったのですが、回答しているうちに、何を質問されていたのか忘れてしまい、話が逸れてしまうことがありました…。というわけで、何を聞かれているのか、もうちょっと注意を払いながら話すべきでした。というのが反省点ですが、4という成績は、ちょうど私の実力に見合っている気がするので、とてもフェアな判定をされたように感じられました。

何はともあれ、Studieprøven、無事に合格!これで3年間(1年間の育児休暇をカウントすれば4年間)通学したデンマーク語学校も無事に修了です!

長かった〜〜〜〜〜。

でも、最後ぎりぎりでStudieprøvenに合格できて本当に良かったです。これでデンマーク語学校に通い続けた甲斐があったと心底思います。

学校(Studieskolen)でお世話になった先生方、ありがとう。3年間の学費を税金で賄って、無料でデンマーク語学校に通学させてくれたデンマーク、ありがとう。なんだかんだ言いながらも、私のデンマーク語の勉強を陰で叱咤激励してくれた夫、ありがとう。

最後に、私をいつも励ましてくれたクラスメートのNさん、ありがとう。
クラスメートの1人にパキスタン人の女性Nさんがいました。彼女がいなかったら、私は本当に途方に暮れて、Studieprøven挑戦に挫折していたかもしれません。要は、私たちはうちのクラスで「落ちこぼれ2人組」だったわけで、休み時間や授業後にいつも情報交換をしたり、アドバイスをしあったり、励ましあってここまで来たのでした。結果、2人とも無事に合格することができ、本当に良かったです。

月曜日はクラスのみんなで打ち上げするので、思いっきり御祝いしたいと思います^^☆

にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 北欧ライフスタイルへ

2013年12月06日

Studieprøvenリスニング合格!


奇跡が起こりました。

昨日、リスニング試験の結果が発表されたのですが、ぎりぎりで合格してました!

今まで過去問を解いたときに合格ラインに達したのは1回のみ。今回の試験は、その1回に続く自己最高点で、本当に力を出し尽くしてやっと合格できた感じです。もちろん、うちのクラスでは、ダントツの最低点ですが。笑。

でも、合格は合格!これで口頭試験に進めます。あぁ、嬉しい…。Studieprøven合格の兆しが見えてきました。あと、残すは12月13日の口頭試験のみです。がんばれ、私!

口頭試験のテーマは…下記の3つのうちどれか。テーマを自分で選ぶことはできません。その場でカードを引いて、当たったテーマについて5分間のプレゼンテーションをして、15分間の質疑応答(ディスカッション)が行われます。

1、経済発展が著しいBRIC: ブラジル、ロシア、インド、中国
2、薬(製薬業界)と倫理
3、途上国支援

怖いのは、15分間の質疑応答で何を聞かれるか…。ご覧のとおり、知識がないと話せない内容ばかりなので、今からまずは情報収集をします。

…ん?試験日までに、あまり時間がありませんね…。でも、ここまで来たのだから、落ちるわけにはいきません!がんばります!

〜おまけ〜
週末、母が遊びに来ました。クリスマスシーズンの街を一緒に歩いたり、ショッピングしたり、美味しい寿司や中華を食べたり、いい気分転換になりました♪ 娘も母のことを覚えていたようで、まったく人見知りせず、一緒に楽しんでました☆ 

DSC_0133.JPG

母が帰国する際、「モアモア(おばあちゃん)は、飛行機に乗ってビューンって空を飛んで帰るんだよ」と娘に説明したら、娘はその後ずっと「モアモア、ビューン!そら!」と繰り返し言ってます。笑。

にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 北欧ライフスタイルへ

2013年11月28日

Studieprøven読解・論述試験、合格!


本日、Studieprøven(上級デンマーク語試験)の読解・論述試験の結果が発表されました。

今日結果が出るとわかっていたので、昨晩はほとんど眠れず…。しかも、眠っていた間は、読解・論述試験に落ちたという悪夢にうなされていました。今朝起きて「あ。夢だったんだ…」とホッとしつつも、自分はけっこう精神的に参ってるなと感じたのでした…。

そして、あまり気乗りがしない感じで学校に行くと、先生からの報告がありました。

結果から言うと…合格!

成績は…
読解 2 ← ぎりぎり…!
論述 7 ← ビックリ!
※成績スケール 2以上が合格
 (低)−3、0、2、4、7、10、12(高)

本当に安堵。嬉しかったです。

読解はギリギリのヒヤッとする成績ではありますが、合格は合格。論述はまったく思いがけず、7という成績をもらえて大満足。読解・論述試験がセットになって1部門になっているので、これで読解・論述部門は合格証明書がもらえます。

あとは最も苦手な(昨日受験した)リスニングの成績が1週間後に出ます…。昨日の感触としては、リスニングも合格・不合格のどっちに転ぶか…という感じです。リスニング試験の結果が気になりつつ、これから口頭試験の準備に入ろうと思います。

が、なんと明日、母が来ます!笑。
というわけで、数日間の短い滞在ですが、試験の息抜きも兼ねて、しばし充電タイムとします。晴れ晴れとした気持ちで母に会えるのが嬉しいです。来週はリスニング試験の結果が出て、撃沈してるかもしれませんが… とにかく、今週末は思いっきり遊びま〜す!!

にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 北欧ライフスタイルへ

2013年11月19日

Studieprøven読解・論述試験は惨敗…!?


本日、Studieprøven(上級デンマーク語試験)の読解・論述試験を受けてきました。

感触はといういと、ボロボロ、ズタズタ…。前向きになれる要素が1つもない試験でした。

1、試験前
まず、試験前のこと。長丁場の試験を乗り切るために、温かいお茶を持参していたのですが、隣の人が席を立った拍子にぶつかって、お茶が吹っ飛んで全部こぼれてしまったのです。そんなわけで、試験前は、トイレからトイレットペーパーを大量に持って来て、お茶でびちゃびちゃになった床を拭くという作業に追われました。そして、長丁場(9〜14時)の試験中、お茶を飲んで一息つくことができなくなってしまいました。

その後、いざ試験に入ったわけですが…

2、速読 
ただいま、学校周辺は工事中。テスト中は騒音を出さないという学校側との約束があったにもかかわらず、速読問題の前半は工事の作業音が響いていました。機械の音ではなかったのですが、大きな物を落とす音が鳴り響いており…物を落とす音だって騒音なんですけど…!と、いけないとわかっていながら、イライラしてしまい、そのせいで集中できず、さらにイライラが溜まって怒りが爆発し、さらに集中できなくなり…という悪循環に陥ってしまいました。

途中で騒音は止んだのですが、回答時間は計25分。集中し始めたときには、終了時間が迫っており「あと5分」という声が聞こえ、真っ青に…。結局、全く時間が足りず、空欄回答が複数。とりあえず何か書いておけ!と思って、テキトーに回答してしまったのも複数(これはほぼ90%間違っているでしょう)…。

今まで速読の過去問は何度も解いたけれど、ここまで散々な結果に終わった速読は初めてでした。この時点で、がっくり落ち込んでしまいました。

3、長文読解
難しかったです…。確実に回答できたと思えるのは、一問もありません。また、一問一問に時間をかけ過ぎたようで、結局最後は時間オーバー。過去問ではまぁまぁの結果を出せていたので、あまりの出来なさに大ショック。読解で落ちることはないだろうと思っていたのですが、速読問題と長文読解を終えたときには「ヤバイ。落ちた…」と思いました。

4、論述
3つのテーマから1つを選択して論述します。与えられたテーマは「汚職」「初等教育」「肥満と学力」について。普段の私であれば「初等教育」あるいは「肥満と学力」を選択していたと思うのですが、この2つのテーマの統計分析につまずいてしまいました。「なぜそのような統計結果が出たのか」について要因を分析しなければならないのですが、その要因が何か思いつかなかったのです。というわけで、結局、仕方なく「汚職」を選択したのでした。

しかし、私はこの分野についての語彙力が欠けていました。かなり致命的だったのが「司法・立法・行政の三権分立」について記述したかったのですが、デンマーク語でどう表現していいのかさっぱりわからなかったことです。結局、三権分立について書くことは諦め、情報公開と透明性に焦点を合わせて記述することになりました。が、やはり語彙不足のために適切な表現ができず…。おかげで、ダイナミックな議論が全くできず、同じこと(情報公開と透明性の重要性)を繰り返し書いて、かなり一面的な議論に終わってしまいました。しかも、またまた時間配分がうまくいかず、最も大事な部分(議論と結論)を熟考して書くことができませんでした。自分でもアホかと思いながら、どうでもいい陳腐な結論をパパパッと書いて、ぎりぎり時間内に終わらせたのでした…。

5、試験終了後

もう呆然…。試験終了後、クラスメートは集まって試験についてあれこれ話していたのですが、その会話に入っていく気にもならないくらい、がっくりしてしまいました。あまりに打ちのめされて、1人で消え去るように試験会場を後にしたのでした…。ひゅるり〜。涙。秋の曇り空が、さらにドヨーンと曇って見え、世界に輝くものは何もなし…。そんな心境でした。疲れがどっと出て、ふらふらと家に帰って、さささっと軽食を食べて、ボーッ。今日の夕方は、不完全燃焼のまま、呆然とし、無気力になっておりました。

私の感触では、読解も論述も、合格・不合格ラインの境界線あたりだと思います。両方とも不合格になっても納得という感じです。どっちに転ぶかは…今回のみんなの平均点と審査員の厳しさに寄るでしょう…。

はぁぁぁぁ〜。がっくり。ため息。自己嫌悪。

そんな心境なのですが、明日からはまた学校で、リスニング試験(27日)への準備が始まります。私はリスニングが最も苦手なので、今週はできるクラスメートに囲まれて、劣等感の塊になること間違いなしです。辛い戦いです…。

が、こんなときにも、我が家では、スーパー元気な娘が、(意味不明な)歌を歌いながら、笑顔で飛び回っています。そんな娘を見ていると、試験なんてどうでもいいやと思えてきます。今日は、娘に癒され、元気をもらい、感謝した日でもありました。娘のためにも、元気でいなきゃ!

最近、写真を撮ってないので、1ヶ月前の写真を載せます。短すぎてすぐに崩れちゃうのですが、試しにポニーテールにしたら、こうなりました。いつか、しっかりポニーテールができるようになる日が楽しみです♪ちなみに、最近、よく食べるので、お腹がポンポンに膨れてます。
DSC_0646.JPG

DSC_0645-001.JPG

にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 北欧ライフスタイルへ

2013年11月16日

もうすぐ試験 Studieprøven


あっという間に、もうすぐStudieprøven(上級デンマーク語試験)です…。準備具合はイマイチ…。

11月18日(月) 読解・論述試験
11月27日(水) リスニング試験
12月13日(金) 口頭試験 ※リスニングに合格した場合のみ

私の場合、リスニング試験で不合格になり、口頭試験に進めない可能性大(90%)です。

また、論述試験も難関です。論述すべきテーマがPD3(中級レベル)よりも難しく、知識・分析力・議論する力が問われます。そして、高い語彙力が求められます。私は、先生に「高い語彙力」の部分で警鐘を鳴らされています。「書くときに『より高レベルの単語・表現に言い換えられないか?』と意識しながら書きなさい」とのアドバイスを受けています。むむむ…。

何はともあれ、まずは風邪などひかないように。そして、試験前夜に娘が夜泣きなどせず、しっかり睡眠してくれることを祈ります。

さて。どうなるでしょうか。

いざ出陣…!

にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 北欧ライフスタイルへ

2013年11月03日

世界一臭い缶詰と風邪


1ヶ月間はStudieprøvenの試験勉強をするためにブログを更新するつもりがなかったのですが…そういう我慢はムリでした。笑。私にとって、色々あった出来事を頭の中で整理して、気持ち的に次に進むためには、書いて記録するという作業が欠かせないようです。というわけで、まとめて最近の近況報告です。

1、「世界一臭い缶詰」 シュールストレミングを開ける会

先週末、「世界一臭い缶詰」を在デン日本人のママ友家族と一緒に開けました!
デンマークの隣国スウェーデンの「シュールストレミング」という缶詰なのですが、単なる巷の噂ではなく、本当に「世界一臭い缶詰」と評されているようで、日本語でネットで「世界一臭い缶詰」と検索すると、ばっちり出てきます。

ニシンを塩漬けにして缶の中で発酵させた缶詰なのですが、殺菌しないでフタをするため、密封後も缶の中で発酵が進むのだそうです。(厳密には、殺菌を行わないため、日本の「缶詰」という定義から外れるそうです…)

結果から言うと、缶はすでに発酵が進んでパンパンに膨れ上がっており、(苦労して)開けたときには、すでに発酵が進み過ぎていて、中身がドロドロに溶けている状態でした…。凄いことですよね!?ほぼ跡形もなく、魚が溶けてしまっていたんです…。というわけで、「世界一臭い缶詰」を試食することは、残念ながらできませんでした。

が、その臭いは、十分に体験できました。本当に強烈でした。炎天下に放置されている生ゴミの臭い、身体の下の方から出てくるものの臭い…系です。しかも、その臭いの強度が(どう表現していいかわからないほど)ものすごくて、缶を開けた瞬間から広範囲にブワッと広がるのです。

しかし…その強烈な臭さにはやられたものの、ここまでしたなら食べてみたかった!!という思いが強まり、今回の出来事で「世界一臭い缶詰」の味への好奇心がさらに増したのでした。

いつか絶対リベンジするぞ〜!笑。

2、家族一同風邪。体調不良時に、夫と私の食文化の違いを痛感。

先週半ばから、家族みんなで倒れました。( これは缶詰とは、一切の関係がありません)
先週のある日、保育園に娘を迎えに行くと、保育園の先生に 「今日は吐いた子がいて、ほかにも具合が悪い子がいるから、もしかしたらN(娘)にも移ってるかも」 と言われました。そうか〜と思って帰宅したその晩、娘より先に、私の具合が悪くなりました。(保育園にお迎えに行った私が直接ウイルスをもらってきたのかも…?)

ついさっきまで普通に元気だったのに、パソコンの画面を見てメールしながら気持ち悪くなり、お腹に違和感を感じ、嫌な予感がしてパソコンをやめてベッドに寝そべり、その数時間後にはトイレに駆け込んで嘔吐…。すっかり具合が悪くなり、嘔吐のためにトイレに駆け込む以外は、ベッドから動けない状態に…。その晩と翌日は、ずーっと寝込んでおりました。

私が寝込んでいた日、娘も具合が悪くなって保育園から呼び出しがあったため、夫は仕事を早退して娘を迎えに行き、娘の面倒をずっと1人で看てくれていました。私は寝込みながら、夫に大感謝していたわけですが…。その晩、夫が体調不良を訴え、その数時間後には夫が嘔吐…。結局、家族みんなが倒れることになったのでした。

そして、その翌々日に当たる今日。風邪のせいか、娘が朝の4時に起きて9時までずっと大泣きで、(夫は体調不良で何もできなかったので)ちょっと復活した私が1人で娘の面倒を看ることになり、ぐったり疲れ、日中はまたベッドに倒れて睡眠。その間、ちょっと復活した夫が娘の面倒を看て…という、そんな感じでございました。あぁ、ぐったり。

そして、この具合が悪いときに、私は、夫と私の食文化の違いを痛感したのでした。というのも、具合が悪いとき、私が求めた飲み物は、温かい緑茶。夫が求めた飲み物は、コーラ!(← ますます具合が悪くなりそうな気がする…!しかも、吐き気と腹痛に見舞われているときに、よく炭酸を飲めるなぁ!)。少しだけ食欲が出てきたとき、私が求めた食べ物は、うどん。夫が求めた食べ物は、ピザ!(← よくそんなもの食べる元気があるなぁ!もっと消化の良さそうなものを食べたら…!?)

今回の件を通じて、やはり私は日本人、夫は外国人なのだと感じたのでした。

しかし、こういふうに具合が悪くなると、途端に故郷のことを考えるのでしょうか。今日は久しぶりに日本が恋しくなってしまいました。前回の帰国から、1年半経過。直近で帰国の予定は、今のところなし…。来年の秋頃には帰国できたらいいけれど… (それでも前回の帰国から2年半が経過しちゃいますね…) どうなるでしょうか。

私は4時間の昼寝を経て、やっと復活。そのエネルギーで、今このブログを書いているわけですが、デンマーク語の勉強をするエネルギーはなし…。まずは、家族の体調と体制を整えようと思います。

にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 北欧ライフスタイルへ


2013年10月26日

義父母の銀婚式(夫の実家はパワースポット)


皆さん、お元気ですか?

まずは前回の続きから。娘は結膜炎になった後、身体に赤いブツブツができて、水ぼうそうの疑いが…。しかし、医者に行っても、結局、何だったのか不明なまま(← さすが、デンマーク)赤いブツブツは消えました。治ったのはいいけれど、気持ち的には、すっきりせず…。何だったんだろう…?

ま。それはさておき、先週は秋休みで夫の実家に1週間滞在していました。そして、今回、夫の実家で改めて感じたことがあります。それは…
 
夫の家族一同がそろった夫の実家は、私にとっての「パワースポット」なのだということ。夫の実家に滞在して、みんなと一緒に過ごしているだけで、心が満たされ、最高に癒されました。「幸せな時間」とは、まさにそういう時間のことをいうのだと思いました。

秋休みにはデンマーク語の勉強を頑張ろう!なんていう考えはどこへやら… デンマーク語の勉強はほぼ何もせず、ひたすら毎日を楽しんで、秋休みは終了したのでした。笑。

まずは、10月14日に義父母の銀婚式がありました。夫が8歳だったときに結婚した2人にとって、銀婚式には特別な意味がないので「当日は親戚の1部を家のブランチに招待するだけで、特別な御祝いはしない」と聞いていたのですが… 蓋を開けば、総勢約20名がテーブルを囲む盛大な御祝いでございました。

義父母の家で開催された銀婚式祝いのテーブル(写真が切れていますが、右側にも席が続いています)
DSC_0283-001.JPG

皆さんがフォーマルな服装で定刻どおりにいらっしゃったところ、ブランチに約40度の蒸留酒が2種類も登場したところ、ブランチといいながら15時のおやつまでしっかり用意されていて、結局、皆さん16時頃までいたところ… などなど、どことなく「ユラン人(ユトランド半島に住む人)っぽさ」が感じられました^^

その他の日は、義姉の赤ちゃんを眺めてあやしたり、森に散歩に行ったり、美術館に行ったり…なんだかんだ楽しんでいるうちに、あっという間に過ぎていった秋休みなのでした。

森の紅葉が美しかったです
DSC_0622.JPG

義姉の赤ちゃんは元気に育ってます
DSC_0316-001.JPG

我が家から夫の実家への所要時間は、約4時間。ドライブして、フェリーに乗って、さらにドライブして、やっと辿り着きます。もちろん、ガソリン代もフェリー代もかかります。でも、長期休暇があれば、すぐに義父母の家を訪問したくなるのは、そこに「癒しのオアシス」があるから。

長距離ドライブの末、義父母の家に到着して「いらっしゃい」と迎えられると、それだけで、今までのストレスや疲れが吹き飛んで、心底ホッとするのです。そこに義姉と赤ちゃんが加わると、さらなるヒーリング効果が加わり、気持ちが元気に前を向きます。

あぁ、私のパワースポットは、ここなんだ。
今回、改めて、そう感じました。

そんな家庭を築いてくれた、義父母に心から感謝です。
銀婚式、おめでとうございます!

※ ただいま、コペンハーゲンの日常生活に戻り… Studieprøven挑戦へのヤバさを痛感中です。今週いっぱいは遊びますが、来週からは(学校には行きますが)引き篭もりたいと思います。もしかしたら、1ヶ月ほどブログ更新がなくなるかもしれませんが、どうぞよろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 北欧ライフスタイルへ