2015年02月10日

我が家は高度経済成長期!?


前回のブログで「しんどい日々から抜け出してやっと元気になってきた」とお伝えしましたが、今回はその理由について。それはもう単純な理由なのですが

1、クリスチャニアバイク(前方に大きなカゴがついている自転車)をゲットした! 
2、冷凍庫をゲットした!
3、照明をプレゼントに頂き、キッチンに照明が設置された!

というわけです。

1、クリスチャニアバイクをゲット!

まずはクリスチャニアバイク!これは車の免許を持っていない私が子連れで郊外生活をするうえで必須のアイテムでした。我が家のロケーションは、保育園まで徒歩30分、最寄りのスーパーまで徒歩20分、街まで徒歩30分、駅まで徒歩40分…。寒い日や天気が悪い日にはスーパーや保育園に行くことすら儘(まま)なりませんでした。おかげで外出する気が失せて家に閉じこもってばかりだったのですが、肝心の家は未完成で居心地イマイチ…。家にいると落ち込んでくる感じでした。また、買い物などは車の運転ができる夫に頼まなければならず、人に頼まなければ欲しいものが手に入らないという不自由さが嫌でした。
そんなあれこれの問題がクリスチャニアバイクをゲットしたことでいっきに解消されたのです!クリスチャニアバイクのおかげで、保育園へは片道10〜15分、スーパーへは片道5〜10分に!子連れでも外出できますし、気軽に買い物にも行けますし、それはそれはもう劇的な変化でした。こうして私は夫に依存した閉じこもり生活から抜け出して、自由を手に入れることができたのです!

クリスチャニアバイク
DSC_0971.JPG

カゴにベンチが付いていて子どもを乗せることができます 
DSC_0935.JPG
※今は息子は車のベビーシートに入れて乗せていますが、息子がもう少し大きくなったら娘の隣に座れます。

2、冷凍庫をゲット!

ついに冷凍庫をゲットしました!冷蔵庫と冷凍庫を別々に購入することにして、冷蔵庫は先に購入していたのですが、冷凍庫はずっと保留になっていたのでした。冷凍庫なしの生活というのは地味に不便でした…。というわけで、私は夫に冷凍庫を買おうとずっと言っていたのですが、夫は趣味(iPhoneアプリの開発)に没頭…。仕方ないので自分でネットを検索して良さそうな冷凍庫を選び、購入画面を見せ、夫に最後のクリックだけをお願いしました。それでも購入画面を横にアプリのプログラミングを続行する夫…。どんだけ無関心なんだっ…!というわけで、今度は購入画面を開き、夫が購入するのを傍でちゃんと見届けさせていただいたのでした。こうして注文した冷凍庫は(私の計画どおり)義父母が訪問中に届き、無事に(夫ではなく)義父によって設置されました。義父に感謝。

3、キッチンに照明設置!

我が家の照明はすべて仮設状態です。どの照明が欲しいか決まっていない & 居間のレイアウトが決まっていないため、どこに照明を設置していいかわからないからです。が、仮設の照明を眺めていると悲しくなってきます。そんな様子を見て母が訪問時にキッチン用の照明をプレゼントしてくれました(キッチン用にはどの照明が欲しいか決まっていたので)。そして、義父母が訪問中、義父と夫が共同作業でこの照明をキッチンに設置してくれたのです!

以前の仮設照明: アルミニウムに包まれた電球…
DSC_0910.JPG

それがこんな感じに!!明るいですし、空間がシャキッとします。
DSC_1071-001.JPG

キッチンに照明が設置されたことは想像以上に大きな出来事でした。その後は毎日、照明を眺めて幸せを感じる日々…。笑。部屋を見渡したときに、アルミニウムに包まれた仮設照明が目に入るのと、綺麗な照明が目に入るのとでは、生活の質が全然違って感じられます。他の照明はまだ仮設ですし、コンロもないですし、まだまだ未完成な家ですが、この照明が設置されたおかげですっかり元気になった私です。単純。笑。プレゼントしてくれた両親に感謝。設置してくれた義父と夫に感謝です。但し、夫は義父が来るまで照明を放置していたので、夫への感謝は若干薄めですが…。苦笑。

そして、そんな私は、ただいま「高度経済成長期」を体感しているのだと勝手に思っています。「戦後の高度経済成長期はモノの豊かさがそのまま幸せに直結していた。マイホーム、マイカー、家電… 人びとはモノを手に入れることで幸せを感じることができた」ということはよく言われますが、最近その意味がよくわかるようになりました。

今まで私は恵まれていたのだと思います。モノがなくて不自由することはあまりありませんでした。でも、この数ヶ月でモノが不足しているというのがどういうことなのか、よくわかりました。モノってものすごく貴重で有難いものです。クリスチャニアバイクを手に入れて初めてスーパーで買い物して家に帰宅したときなんて、幸せすぎて帰宅途中に涙ぐんでしまうほどでした。冷凍庫が導入されたときには舞い上がって御祝いにアイスと大量の冷凍食品を買い込みました。そして、冷凍食品をレンジでチンして食べてその便利さに感激しました。また、キッチンに照明が設置されたときには思わず笑顔がこぼれ、その後は毎日照明を眺め続ける日々…。笑。モノってなんて大事なんでしょう…。今になって、モノの大切さに気が付いた私だったのでした。

今まで「モノの豊かさが幸せにつながる」という感覚がイマイチ理解できていなかったのですが、今の私は骨身に沁みて理解できます。モノの豊かさだけが幸せでは決してないけれど、モノがなければ幸せを感じにくいのは事実。モノがあってこそ感じられる幸せというのはあります。そして、モノというのはそれだけ大切なので、どうせだったら「好きなモノ」に囲まれて生活したいなと感じる今日この頃です。

しかし…「コンロはいつ導入されるのか!?」って? とりあえず、夫が趣味に没頭中なので当分は導入されないでしょう…。すっかりリノベーションを一休みして趣味に没頭している夫に12月〜1月は猛烈に腹が立ってイライラしてばかりの私だったのですが、2月に入ってからは諦めモードになりました。怒りの峠を通り越してしまったのと、クリスチャニアバイク・冷凍庫・キッチン用の照明が導入されたことでだいぶ満たされたのと、夫が趣味をしたい気持ちもわかるからです。私も忙しくてもブログを書いたりライター業を引き受けてしまいます。理由は「したい」からです。夫にとっては、それがアプリの開発なんです。なぜ私はしたいことをしているのに、夫はしたいことをしてはいけないのか?そう考えると、夫の趣味も許してあげようという気になりました。コンロがなかなか導入されないのは非常に困りますが、春までにできればヨシとします。春までにできるかもだんだん怪しくなってきましたが…。

早く料理したいよ〜。

にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 北欧ライフスタイルへ
posted by yukapon at 23:46| デンマーク生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする