2016年09月20日

失ったモノじゃなくて得たモノに目を向けてみる


皆さん、お元気ですか? 私はというと前回投稿したときは超ダメダメ・ネガティブモードだったわけですが、なんだか最近元気になってきました☆ というのは、あれから小中学校からの友達家族が訪問してくれるわ、日本からは両親が来てくれるわ、その後にドバイから弟家族が遊びに来てくれるわ、ユトランド半島から義両親が来て義姉の40歳の誕生日会があるわ、我が息子の2歳の誕生日会があるわ…もうイベントが盛り沢山で!!会いに来てくれた皆さんからそれぞれのエネルギーをいただきました。そして何よりも家族に久しぶりに会えて心底ホッとすることができました。おかげさまで、それまでミシミシと亀裂が入っていた夫との関係も(苦笑)回復いたしました。訪問してくれた皆さん(別に夫との関係修復のために来てくださった訳ではないのは承知ですが)どうもありがとうございました!また私の友達家族や家族訪問中に色々とサポートしてくれた夫に感謝です。さらに皆さんの訪問中、秋のくせに嘘のような夏日で突き抜けるような晴天の空を届けてくれたデンマークのお天気にも感謝です!(室内娯楽が少ないデンマークでは天気が想像以上に気分を左右します)

弱っているときは家族の存在って大事ですね。あまり色々話さなくても、そこにいるだけでホッと心が緩みます。そして今回私のネガティブモード脱出を助けてくれたのは父でした。いや、特別に何かをしてくれたというわけでもないのですが訪問時に「ああ〜天国だ〜。最高だぁ〜」と気持ち良さそうに天国発言を連発しまくっていたわけです。笑。父にとって最高に天国だったのはユトランド半島にある夫の実家の庭だったようですが、我が家の庭でも視界に広がる青空を眺めて「東京じゃこんな空は見えない」と幸せそうにしておりました。そんな父を見ていたら「たしかにここは天国かも」と思えてきたのです(単純)。今まで「都会にあって田舎にないもの」「今まで持っていたのに失ってしまったもの」ばかりに目が向いてネガティブな気持ちになっていたわけですが「都会になくて田舎にあるもの」「今までなかったけれどここに来て得たもの」に目を向けようという気持ちになってきました^^

考えてみればこの2年間で得たモノも色々あります。
・第2子である息子
子どもが2人になって「あ〜大変!」と思うことも多いですが、やはり息子が生まれてくれて良かったと心から思います。生まれてきてくれて、元気に育ってくれてありがとう。
・きちんと料理する習慣
台所がない1年間はまさに地獄の日々だったわけですが、この体験のおかげで、台所があること・料理できることへの感謝の気持ちが生まれたようです。台所ができて落ち着いてからはほぼ毎日欠かさず料理するようになりました。いつの間にか私は食べたいものを食べるためにちゃんと料理する体質になったようです。でも記憶力がないからレシピをなかなか覚えられないのですが(汗)。これは以前の私をご存知の方はわかると思いますが、意識の大変革です。台所なしの生活を送れて良かったとは絶対に思わないけど、それはそれで私にとって意味のあることだったのかなと思えるようになりました。今は完成した台所で気持ち良く料理しています。
・子どもが遊びやすい環境
引っ越して最も良かったのは子どもが遊びやすいということ。室内の遊べるスペースは以前より広くなりましたし、庭にもすぐ出られますし。ラッキーなことに、この夏、すぐ傍にある小学校の遊び場がリニューアルされ、新しい遊具が導入されました。子どもたちが遊ぶにはかなり恵まれた環境です。我が家に気軽に子連れのゲストを招待できるのは(車で来られる家族限定ですが)有難いことです。
・騒音が聞こえない広い庭
家探しをしていたときによく思ったのは「便利な場所は騒音がする」ということ。騒音が気になるか気にならないかは人に寄るとは思います。私は東京の騒音のなかで育ってきたのであまり気にならない方ですが、それでも騒音が聞こえない庭というのは気持ちが良いものです。また庭には大木が立っており、その木を眺めるのが楽しいのです。鳥が巣を作り、リスが走り回っています。
DSC_1168 kopi.jpg
・窓から眺める美しい風景
庭があるので、目に入るのは緑の風景です。窓の向こうにはご近所さんの庭にあるデンマーク国旗や昔ながらの風車なども眺めることができます。
・家庭菜園
最近、今まで工具の棚が置いてあって倉庫状態だったアウトドアテラスを整理しました。工具の棚を撤去してテーブルと椅子を導入し、端っこに家庭菜園スペースを作りました。グリーンハウスのような雰囲気になり、私のお気に入りスポットになってます。そこでお茶を飲みつつ読書するのはとても気持ち良いです(夏季限定)。また、今まで家庭菜園などあまり興味がなかったのですが、自分で育てた野菜が大きく実るのは想像以上の喜び。自分たちで育てたキュウリやトマトを食べる特別感は贅沢です。
DSC_1163 kopi.jpg
DSC_0561 kopi.jpg

というわけで、元気になってきたので、ご心配なく!モノは考えようですね。あと元気になるために日本語の本も大いに役立ちました。親に持参してもらった本、有川真由美「なぜかうまくいっているひとの心のもち方」・村上春樹「職業としての小説家」を読んだら人生の先輩の説得力のある声に励まされ、大きく頷いたり、強く感銘を受けたり、非常に大きな力をいただきました。ありがとうございました。感謝。

大きなことはできなくても、毎日少しずつの成功を重ねていこう。それが今の私のキーワードです。片付けができた、掃除ができた、洗濯ができた、洗濯物をたためた、満足できる料理ができた、新しいレシピに挑戦できた、人に会って楽しい時間を過ごせた、読書して世界を広げられた、ニュースを見て世の中の動向を知れた、無事に子どもの送迎ができた(スムーズに送迎するのは意外と大変なのです)、子どもと日本語を話して遊ぶ時間を作れた、買い出しができた、少し運動できた、週末2児と外出して私も子どもも楽しい時間を過ごせた、少し休息できた…。2児を抱えながらあれこれ手を出すと日常生活が雑になり荒れ、さまざまな場面で小さな失敗を重ねることになります。失敗を重ねると自信を失います。なので、無理のない範囲で、1つ1つの小さなことを丁寧に成功させていこう。そんな気持ちになっています。

おっと。でも7月に1つだけちょっと大きな課題を達成しました。それは2015年のアルバム作り。2012年から毎年アルバムを作成しているのですが、2015年版は今までの反省(暗くなった・iPhoneで撮影した写真はイマイチなど)を活かして丁寧に作り、けっこう納得の1冊(計150ページ以上)になりました。何かとしんどかった2015年ですが、振り返れば2回も一時帰国するなど楽しい出来事もいっぱいありました。納得いくアルバムを完成させられたことで、しんどかった2015年を整理できて前に進める気がしています。

皆さんも凹んだり悩んだりすることもあるかもしれませんが、みんなそれぞれの方法で1つ1つ解決して乗り越えていけますように!

にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 北欧ライフスタイルへ