2015年05月22日

一時帰国で日本(地元)の良さを再発見


皆さん、お元気ですか?あっという間にデンマークに戻って1ヶ月半が経ってしまいました。戻ってきてから約1ヶ月は頭痛・耳痛・歯痛に悩まされ、具合が悪すぎてほぼ寝たきり状態…。その後、親知らずを小手術で抜歯して親知らずの隣の歯の根管治療をしたら頭痛・耳痛・歯痛がスッキリ消えました。大袈裟ではなくて、身体の毒素が抜けたというか…そんな感じです。歯がこんなに身体に影響を及ぼしているなんて思ってもみませんでした。今後は大事にしたいと思います。ちなみに今も鋭意、歯の治療中です(←治療費は家族で日本に帰国できるくらいの額です…)。

さて。そんなわけで、だいぶ時間が経ってしまいましたが一時帰国のご報告第2弾。今回の一時帰国は約3年ぶりだったこともあって気合いの入り方が違ってました。笑。で、日本(というか地元)の良さを再発見して感動したことが沢山ありました。なので、今回はそのご報告。

まずは感動ポイントです!

1、ファミレス最高!美味しくて安くて子連れに優しい!
基本的に日本での外食は美味しくて安くて感動しっぱなしでした。でも、なかでも感動したのが地元・高円寺駅のすぐ隣にオープンしたファミレス、デニーズでした。笑。高円寺駅にほぼ直結しているビルの2階にデニーズができたのですが、その広いこと!しかも、窓際にソファ席がざっと並んでいるのです。デンマークでは(高い建物がほとんどないので)窓から外の景色を見下ろすことがなかった娘にとっては、それだけでパラダイス。靴を脱いでソファ席から街を展望して大喜び。さらに「ファミリーレストラン」なだけあって子連れに優しかったです。カジュアルなので子供がいても気を遣わないし、お子様ランチも数種類あるし、トイレも新しくて綺麗で子連れに優しいつくりになっているし。また、デンマークでコーヒー1杯分の値段で美味しい定食セットを食べられてしまうという驚愕の安さ!いや、デンマークの外食が驚愕の高さということですが…。 そんなわけで高円寺のデニーズ、一時帰国中に何度も足を運んでしまいました。
FullSizeRender (7).jpg

2、スーパーやコンビニの品揃えが素晴らしい!とくにお惣菜やお弁当系!
またまた感動したのがスーパーやコンビニ。品揃えが素晴らしいです!とくにお惣菜やお弁当系には目が眩み、全部買ってしまいたい!という衝動に駆られました。笑。やっぱり和食を見ると日本人の血が騒ぐようです。あと、コンビニのお菓子の新商品も堪能させていただきました。チョコレート好きの私はここ数年で出てきた新チョコを試し漁りました。
それから東京駅構内のコンビニで仰天しました。ネクタイやUSBから始まり、緊急で必要になりそうなありとあらゆるものが揃っているのです。さらに、レジが沢山あり、大勢のお客さんが各レジの前に列をつくり、店員さんが効率良くテキパキと対応する光景には「これぞ日本!」と思わずにはいられませんでした。

3、実家付近(高円寺)は便利すぎる!ほぼ何でも徒歩10分圏内。
私の実家は中央線が通る高円寺駅まで約5分、丸の内線が通る新高円寺駅まで約3分という交通の便がいい場所にあります。さらに、スーパー、コンビニ、レストラン、カフェ、お惣菜屋、ケーキ屋、薬局、病院、歯科、銀行、郵便局、日用品店、100円ショップ、お洒落雑貨やショップ、写真屋、本屋、公園…とにかく何でも徒歩10分圏内にあるのです。デンマークの私の家からはどの方向に10分歩いても民家しかないので、この便利さは驚愕でした。住んでいるときには気が付かなかったけれど、私ってものすごい便利なところで生まれ育ったんですね…!短時間で面白いほどたくさんの用事を済ませることができて、それだけで1日を有意義に使っている気がして楽しくなりました♪

4、満開の桜を眺めながらスワンボート!
ちょうど桜の季節だったので桜を楽しまねばと思い…井の頭公園でスワンボートに乗りました。空中に舞い水面に浮かぶ桜の花びらが綺麗でうっとり。案の定、娘もスワンボートには大喜び。息子を抱っこ紐で抱きながら、喜ぶ娘を隣に乗せながら、満開の桜の花を眺めながらスワンボートを漕ぐのは幸せ以外の何者でもありませんでした。(海外からの訪問者が日本のスワンボート好きなの頷けます^^)

IMG_2026.JPG

吉祥寺っていい街ですね。便利でありながら公園や動物園など自然もいっぱいあって。動物園にはちゃっかりミニ遊園地までありますし!こちらも娘大喜び。もっと天気に恵まれていたら、井の頭動物園にももう1度行きかったです〜。

5、テレビ番組の常連出演者に癒される
もちろん日本語なのでテレビの内容が完璧に理解できるというのはあるのですが、今回の私の感動ポイントはそこだけではありませんでした。まず、バラエティ番組でもニュース番組でも音楽番組でもいいのですが、お馴染みの出演者っていらっしゃいますよね。そんなお馴染みの出演者を3年ぶりに見て「あ〜この人、相変わらず頑張ってるのね〜」と思ったらなんだかとても癒されたのです。笑。よく考えれば、テレビ出演者って身近な家族や友達以外の「知っている」人なわけで、彼らがテレビに出ている=お仕事を継続されているということなんですよね。素晴らしいことです。笑。

しかし、驚いたのは、3年ぶりにもかかわらず、あまり久しぶりな気がしなかったことです。帰国する前は久しぶりすぎて内心ドキドキしていたのですが、蓋を開けたらすーっとそのまま馴染む感覚があって、とても安心しました。生まれ故郷ってそういうものなのかもしれませんね^^

久しぶりなだけあって、2児連れにもかかわらずほぼ毎日出歩くことになった一時帰国。お忙しいなか時間をつくって会ってくださった皆さま、本当にどうもありがとうございました!残念ながら、お声がけできなかった方もたくさんいらっしゃいますが、またの機会に!みんなそれぞれ子育てや仕事などを頑張ってて、それを笑顔で話してくれる姿には、本当に励まされました。また、私と年が近い友達はちょうどみんな第2の転機を迎えているように感じました。大学や専門学校を出て就職した友達は、就職してある程度の時間が経ち、次のステップを考えているようでした。女友達は結婚・出産・育児を機に退職や転職をしたり、より自分に合った働き方や仕事を模索したり。また、すぐに就職せずに自分のしたいことを仕事にするために粘っていた友達は、少しずつその才能や活動が認められ、夢に向かって駆け出している様子でした。短い滞在期間で2児連れだったため、落ち着いて話すことが難しく、もっと話を聞きたかった!! という感じは節々あったのですが、またのお楽しみということにします。皆さん、また会うときまでお元気で!お互い話のネタを溜めておきましょう。笑。

ではでは、また! あと1回くらい、一時帰国ネタをアップしたいです☆

デンマークは今年はまだ涼しくて、私はまだダウンコート着てたりします。
ただでさえ短い夏よ、早く来ておくれ〜!

にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 北欧ライフスタイルへ

2015年05月09日

娘の七五三と息子のお宮参り


お待たせしました!やっとやっとやっと…一時帰国のご報告です!一時帰国の大きな目的の1つは娘の七五三と息子のお宮参りをすることでした。そして、日本滞在中の最も天気が悪い日に無事に行事を執り行いました。今回はそのご報告です。

ちょっとした嵐のような天気で迎えた当日、日程を変更しようかとぎりぎりまで悩んでいたのですが、気持ち的にはやる気になっていて、家族(両親と夫と子ども)もみんな揃っていて、別に天気が悪くても行事にはそれほど支障がなさそうということで思い切って決行することにしました。

夫が前日にデンマークから到着したばかりだったので、のんびりスタート。まずは娘と母と私で近所の美容院へ。髪の毛だけセットしていただきました。

初めて美容院で髪の毛をセットしてもらう娘。興味深そうに鏡を見ています。
DSC_0506-002.JPG

出来上がりに大満足。ものすごくいい子に座ってセットが完了して私感動しました…。ほろり。今日は楽しく娘の成長を御祝いできる素敵な日になりそう!と気持ちが高揚。
DSC_0516.JPG

もちろん、そんな甘いものではありませんでした。笑。その後、車で移動して神社で着付けをする前に髪にセットした大きな飾りが2つも落ちてしまったのです…。慌てて探したところ、車から降りて神社に移動する道中に落ちていました。そして、着付けをして再度髪飾りをセットして、いざ写真撮影!!というときに「お腹空いた〜」と娘のいつもの台詞…。さらに娘が息子用の青い巾着に目をつけて「これ欲しい!」と言い出しました。嫌な予感…。
私「この巾着は赤ちゃん用のだよ。この赤い巾着のほうを持ってね」
娘「ヤダ!この小さい青い巾着が欲しい!」
一悶着…。
写真屋さん「お嬢ちゃん、見てこれ!」見兼ねた写真屋さんが色んなおもちゃを出してきて娘のご機嫌とりを開始。娘はちょこっと笑うものの、次の瞬間には不機嫌に…。
あれこれ試した挙句あまり効果がなかったものの
写真屋さん「お嬢ちゃん、見て!」持ってきたのはチアガールの格好をしているキティちゃん。しかもダンスするのです。娘の顔が急に明るくなり、その場にいた誰もが「しめた!今だ!」と心の中で思い、急いで写真撮影の態勢に入ります。しかし…
写真屋さん「お嬢ちゃんはこれ(赤い巾着)持ってね」
娘「ヤダ!」
写真屋さん「じゃあ、この袋(千歳飴が入った袋)は?」
娘「ヤダ!この小さい青いのが欲しいの!」と息子用の巾着を指差します。
あぁぁ…。
写真屋さん「でも、これは赤ちゃんのだから…。じゃあ、お嬢ちゃんはお母さんの上に手を乗せましょうか!」
娘に赤い巾着と千歳飴の袋を持たせるのは諦めて写真撮影が始まりました。
写真屋さん「じゃあ、撮りますよ〜!」キラキラの風車を回しながら写真屋さんの1人がカメラを覗き込むと、もう1人がこちらの姿勢や足をささっと直して…カシャカシャッ。
写真屋さん「は〜い!こっち見てくださいね!」2人の写真屋さんが全力の協力体制で私たちの写真撮影に挑みます。1人がチアガールのキティを見せながら、もう1人が姿勢や着物をささっと直します。人形やらおもちゃを振りながら必死で盛り上げてご機嫌とりをする姿がコメディ映画のように滑稽で、ついに私は噴き出しそうになってしまいました。私は噴き出しそうになるのを堪え、頬を引きつらせながら必死で慎ましい笑顔をつくります。写真屋さんは相変わらずものすごい動きで私たちの態勢を整えながら、おもちゃを振りながら、こちらとカメラの間を行き来します。そして…
写真屋さん「は〜い!完了です!」
という声とともに、私たちは解放感に包まれました。
私「いや〜。大変だったね。写真屋さんの動き、出来たコメディみたいで噴き出しそうになっちゃったよ」
父「いや〜凄かったね!あれはプロの技だ!さすがだねぇ!これでもなんとかなった方だと思うよ〜。子どもが大泣きして本当にどうしようもなくなることもあるだろうからねぇ」写真屋さんを絶賛する父。
とにもかくにも写真撮影が無事に終了してホッ。

写真撮影終了後。娘は息子の青い巾着を持って笑顔で写真館を出たのでした。
DSC_0552-001.JPG

娘は揚げせんべいを食べてさらにご機嫌に。(教訓: 子どもの写真を撮るときは満腹であることを確認してから撮りましょう)
DSC_0568.JPG

次は神社で七五三とお宮参りの祈祷。祈祷開始までテントのようなところで待機…。雨のせいか人が少なくてラッキー。気楽な雰囲気でした。しかし、子どもと写真を撮るのって難しいです。この写真でもカメラ目線なのは夫と私だけ…。
DSC_0619.JPG

さらに神社で祈祷中のこと。
娘「家に帰りたい…」幸いデンマーク語だったため、祈祷師さんや周囲の人には何を言っているのか理解されず。さささっと夫が娘を隣に座らせ…なんとか祈祷が無事に終了。

安堵。無事に念願の行事が終わって肩を撫で下ろしました。終了後は神社でいただいたお茶を一杯。娘もお疲れ様でした〜。この顔を見ると、娘も行事が終わってホッとしたようです。笑。
DSC_0656.JPG

笑顔になった娘。母娘3代のいい写真が撮れました!
DSC_0643.JPG

すべてが終了後は赤い巾着と千歳飴の袋で楽しそうに遊ぶ娘…。これを写真撮影のときに握ってくれれば…!(そういえば写真撮影のとき、この袋に飴が入っていると娘に言うのを忘れてました。言えばもしかしたら握ってくれたのかも!?と思いましたが、後の祭りです)
DSC_0625.JPG

おかげさまで大変ながら面白おかしい思い出に残る1日となりました。
帰宅後は御祝いのお弁当。娘はお子様ランチ弁当。娘は楽しそうにお箸を並べています。もしかしたら娘にとってはこういう時間が1番楽しいのかもね!?と思ったりしました。
DSC_0659.JPG

娘の機嫌に振り回され、息子の存在はすっかり影に隠れてしまいましたが、息子は何のご迷惑もかけずにしっかり行事を敢行してくれていました。

というわけで、念願の娘の七五三と息子のお宮参りを無事に執り行うことができて良かったです。行事敢行を支えてくれた両親に大感謝です。ありがとうございました!

娘も息子も健やかに元気に育ってくださいね。次は5年後。娘が7歳、息子が5歳のときにまた七五三の御祝いをしたいです。そのときには、もうちょっと楽に行事ができるといいなぁ。今から次の七五三が楽しみです♪ 子どもはもちろん、みんな元気でいてくださいね!また楽しくみんなで御祝いしましょう!

にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 北欧ライフスタイルへ

2015年05月08日

親知らずを抜きました。これから歯の治療です。


皆さま、たいへんお待たせしました!やっとやっとブログ更新です…!
すみません。一時帰国の報告をしたかったのですが、まずは近況報告です。

じつはデンマークに戻ってきてからずっと体調不良でした。どのくらい体調不良だったかというと、ものすごい頭痛・耳痛・歯痛に悩まされ、ほぼ寝たきり状態…。痛み止めを飲みながらベッドで唸っていました。で、副鼻腔炎の症状に似ているなと思って医者に行っても何もわからず、何も処方されず…。医者に「歯にも疑いがあるなら歯医者に行きなさい」と言われて地元ロスキレの歯医者に行ったところ「これは大変!一刻も早く親知らずを抜いて、親知らずの隣の歯を治療しなきゃっ!でも、うちで親知らずの治療ができるのは6月以降だわ…」と言われました。で、日本人友達からスウェーデンにいい日本人の歯医者さんがいると聞き、藁にもすがる思いで5月2日(土)に日本人の歯医者さんを訪ねに遥々スウェーデンまで行って来たのでした。

ちなみに、日本人の歯医者さんを訪問するまでの間、これまた同じ日本人友達に「ティーツリーオイルが効くかも!」と言われたので、ティーツリーオイルを痛む歯や歯茎周辺に塗りこみました(かなりビリビリきます)。すると、不思議なことに翌日には痛みが治まったのです。強引な方法なうえに冗談みたいですが、痛くてどうしようもなかった私を救ってくれたのはティーツリーオイル…。アドバイスをくれた友達、オイルを分けてくれた友達、オイルを我が家まで届けに来てくれた友達、みんなに大感謝です。涙。デンマーク在住日本人友達、最高!と心底思った1エピソードでした。

で、話は戻ります。スウェーデンにいる日本人の歯医者さんを遥々訪ねに行ったところ、やはり「一刻も早く親知らずを抜く必要がありますね」と言われ(親知らずが斜めに生えていたので)その場ですぐに歯茎を切開して親知らずを抜いていただいたのでした。で、その当日の夜と翌日は麻酔が消えたせいでまたものすごい痛みに襲われ、(授乳中にもかかわらず)痛み止めをマックスで飲み続け、やっと一昨日あたりから日常生活が送れるようになったのでした……。で、やっと今日ブログを書くエネルギーが出たのです。

歯については、親知らずを抜くのが第1ステップで、これから親知らずの隣の歯の根幹治療をしなければなりません…。また痛みが出そうですが、しかも、こちらの歯の治療は青褪めるほど高額なのですが…健康に元気になれるために必要なステップだと思って頑張って治そうと思います。

ところで、こんなに歯が大変なことになってしまった理由は…デンマークで歯医者にかかると高額になるので日本に帰ったときに治そうと思っていたのに、日本に3年間帰らなかったため。また、斜めに生えている親知らずを抜いた方がいいとわかっていながら、抜歯する前に第2子を妊娠してしまい(妊娠中は親知らずの抜歯は避けた方がいいと言われるので)そのままになっていたため。さらに、産後はユトランド半島の夫の実家に居候していたりして落ち着かず(どうせデンマークで歯医者に行くなら自分の家の近くの歯医者に行きたいと思っていて)歯医者に行かなかったため。そして、今回の一時帰国中に近所の歯医者に行ったところ、親知らずと隣の歯がヤバイことになっていると指摘されたものの、滞在日数が短くて未完全な突貫工事になってしまったため。で、そんな状態で飛行機に乗ると、気圧の関係で痛みが出やすいらしいのです…。はぁぁ。

しかし、あまりの痛みだったので…… 皆さん、治療すべき歯があったら早めに対処しましょう!!私も今回のことで肝に銘じました。

と、久しぶりなのに、こんな報告でごめんなさい。
次回は日本でお祝いした七五三とお宮参りについて書きます☆

にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 北欧ライフスタイルへ