2014年11月09日

もうすぐ引越し。ちょっと疲れ気味…


皆さま、お元気ですか?こちらはユトランド半島北部にある夫の実家に2児を連れて居候し、義母と一緒に生活して5週間が経過しました。が、この生活にももうすぐ終止符を打ちます。夫と義父は7月から4ヶ月かけてロスキレの古い家をリノベーションしてきたのですが、ついに夫から「来週の水曜日に迎えに行く。みんなで住み始めよう」という連絡が入ったのです。

私はまぁ元気でやっているのですが… 正直に言うと、ちょっと疲れ気味です^^;
じつは連載「世界一幸せな国デンマーク」の最終回の原稿〆切がもうすぐなのですが、全然書けなくて…。なぜ書けないのか?と考えてみたところ、私自身が疲れ気味だから(うまく幸せを感じられていないから)であることに気が付いたのです。苦笑。というわけで、今日はブログを書いてちょっとストレス発散!?しようと思います。以下、独り言です。

まずは、なぜ疲れ気味なのか?を解明しようと思います。たぶん、現在の疲れの要因は… 娘を保育園に預けられないので1日中娘の相手をしなければならない、娘の育て方に困っている(見知らぬ子どもが苦手、トイレトレーニングが全く進まない、思い通りにならないとヒステリックになる、私が疲れていると娘にテレビを見せすぎてしまって私が自己嫌悪に陥る)、義母と2人で家事と2児の世話をする生活はやはり大変、10月から今日までほとんど毎日雨だった(天気が悪いと、外出しにくい。娘が外で遊べない。窓の外を見ても気持ちが晴れない)、赤ちゃんが風邪をひいて結膜炎・中耳炎になった(まだ治療中)、授乳しているので1度にまとまった睡眠をとれない、車の運転ができないので田舎生活は不自由(どこに行くにも義母に運転してもらわなければならない)、せっかく波に乗ってきた仕事を出産育児とリノベーションのため中断せざるを得なくなっている、リノベーションがなかなか進まない、リノベーションで大小のトラブルが勃発する、リノベーション関連で夫とぶつかる、友達に会えない(日本語で本音を話せる相手が周りにいない)、和食が食べられない(夫の実家にある日本の調味料は醤油のみ)、義母にお世話になりすぎていて申し訳ない、義母との生活では100%気を抜くわけにはいかない、自分の時間をつくれない(つくるためには睡眠時間を削るしかない)…。などなど。

はぁぁ。疲れてますね…^^;

そして「来週には夫が迎えに来て、新居に引越し予定!」といえば、聞こえはいいのですが、実際には完成には程遠いリノベーション中の家に引っ越すわけなので… 正直、楽しみではありません…。

今のところ、新居には、トイレ、シャワー、洗濯機、乾燥機、冷蔵庫、電子レンジはあります。照明は夫がとりあえずIKEAで1番安い照明を複数購入してきて仮に設置したそうです。しかし、台所(コンロや流しを含めて)、洗面台、冷凍庫はありません。一応、台所の流しとコンロは以前住んでいた人のものを仮設予定で、台所のキャビネットだけは数日以内に設置予定です。が、どうなるでしょう?コンロと流しが仮設できなければ、ろくに料理もできませんね…。さらに、家には40個以上のダンボールが積み重なっているうえに、リノベーションのための道具などがゴロゴロ転がっている状態…。カオスです。

そんな状態なのですが、夫は「最低限の設備はあるし、もう住めるから、みんなで住み始めよう。なんとかなる!」と言って、私たちを来週迎えに来るのです。私としては、そんな状態の新居に引っ越すのは不安なのですが、義母にこれ以上お世話になるのも申し訳ないので、渋々引越しをすることに決めました。(もともとは本格的に引越しする前に新居の近くに住んでいるママ友宅に居候させていただく予定だったのですが、娘に刺激が多すぎるかもしれないのでやめることにしました。新しい保育園の慣らし保育と同時になってしまうので…) 
引越ししたら、リノベーションの続き、収納棚の購入、ダンボールの開梱、掃除などの作業が待っています。また、娘は新しい保育園の慣らし保育スタート、私と赤ちゃんはマザーグループのスタートです(今まで参加できなかったので途中参加になります)。

どうなるんでしょうか? かなり不安な私です…。もやもや。

そして、こんな状況で「世界一幸せな国デンマーク」の最終回の原稿を書かなければならないのは皮肉…。笑。

しかし、今思いましたが、こんな状況でポジティブでいられる夫、すごいです。義父と夫は文句も言わずに、今よりももっと酷い状態の家に住み込みでリノベーション作業をしていたわけですから、すごすぎます。ちなみに、台所どころかトイレもシャワーもない状態でした。トイレは家から1キロの位置にあるスーパーで借りて、シャワーは数日置きに義姉のアパートで借りて、食べ物は昼も夜もライ麦パンにハムやレバーペーストをのせて食べていたそうです。長期間こんな生活を送って、よく平気でいられますよね…。そして、息子の嫁(私)と孫2人を家に泊めてくれている義母、疲れているはずなのに誰に文句を言うこともなく笑顔で頑張り続けてくださっていて… 頭が下がります。 あ、よし。これをヒントに原稿を書こう。笑。

にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 北欧ライフスタイルへ